〒417-0044
静岡県富士市高嶺町1-1
0545-52-2024
imaruta@lilac.ocn.ne.jp
営業時間:10:00-18:30
定休日:水曜日

春のCRAFT&ART FAIR

会期:2019年3月22日(金)~4月8日(火)
会場:インテリアマルタ
営業時間:10:00~18:30 定休日:水曜日
「リネンカーテン リフリンフェア」も3月24日(日)まで同時開催!


CRAFT

倉敷の竹の家具や花茣蓙、山形の「麻段通」、静岡の市川木工、豊岡の豊岡クラフトといった
各地の「手仕事」で作られた品々を展開しています。

倉敷の竹家具「TEORI」

TEORI

竹はどんどん生育し、森を暗くしていまい「竹害」といわれることがあるそうですが、
その竹を活かして、なんとか家具ができないだろうかと研究開発してできた家具です。
竹はパキッと割れやすいのですが、縦横で組み合わせ、集成材とすることで、
丈夫さと清潔感を持つ、他にない家具になっています。
その他 ハンガーや時計、ミラー、ベンチなど多数のアイテムが揃っています。

倉敷の花茣蓙「IGUSALABO」

IGUSALABO

現在のいぐさは90%が中国イグサ。
生育を速めて乱売する中国イグサに押されて、
まっとうな国産のイグサのメーカーが瀕死の状態です。
その危機に立ちあがったのが「IGUSALABO」。
一人でイグサを育て、刈り取り、織って製品にしている会社です。
和室に敷くという発想だけではなく、今の時代にあったイグサを提案しています。

市川木工

市川木工

静岡県の家具メーカーですが、実は市川夫婦のみで製作・宣伝・販売をしております。
基本的にはオーダー家具メーカーですが、色々な小物もあります。
特徴は「素材の良さと、仕事の丁寧さ、そして安心感」なのです。

豊岡クラフト

豊岡クラフト

静岡県西部の豊岡にある小家具メーカーです。
元々、ヤマハのピアノの周りの家具を製作していましたが、自らの企画で製作してきました。
特徴は「滑らかな肌触り」。何度も何度も丁寧に仕上げているので、手触りが秀逸!
更に「不良品はいままで1つもない」と言い切るほどの生産管理も素晴らしい。
実はソニーや家庭画報の通販などで紹介はされているのですが、現物を見ることが
あまりない(店頭販売している所が静岡県では弊社のみ)。
また一度使うと、あめ色の塗装をされた品々を増やしていきたくなる、不思議な家具です。

山形県の穂積繊維

穂積繊維

麻とウールを織り交ぜて作られる「麻段通」。夏場は麻のシャリシャリ感、
秋冬はウールと混紡になっているので、冬場でも使えます。
そして見ていただくと、「見事な手仕事感」が伝わってきます。
サイズやデザインもオーダーできます。

ヤマト工芸

ヤマト工芸

福井県鯖江市の木工メーカー。
「MUKUの時計」など素材感とデザイン性を持った商品を製作しているメーカーです。
元々は伝統工芸の漆器などを作っていたので、手作業で全て自社で再作しています。
商品をみると、丁寧さが伝わってくるのですが、今の時代にあわせたダストボックスや
ティッシュボックスなどは幅広い世代に支持されています。


ART

今回初の試みで「お部屋にお手軽アートを」というテーマで、
日本国内のアーティストが描いた原画、またはそのプリントされた作品を、
お手軽にお部屋に飾っていただきたいと考えているプロジェクトです。

穂積繊維

アートというと敷居が高く感じてしまう方もいらっしゃいますが、
もっと気軽にお部屋に飾ってみましょう という発想です。

例えばご新築されると、家具やカーテン、ラグなどを揃えられると思いますが、
そこに少し、アクセントをつけてみませんか?
シンプルなカーテン、家具、ラグでまとめられているのもステキですが、
その空間に額装された、ピンクの桜のアートがソファの上に掛けるだけで、全く部屋の印象が変わります。
ちょっとしたことですけれど、お部屋の空気が変わります。 

穂積繊維

春のクラフト&アートフェア期間中には様々なアートパネルを展示・販売しておりますので、
是非、見ていただきたいと思います。

新しい住まいには、家具とカーテンとラグ、そしてアート…がこれからのインテリアです。

「春のCRAFT&ART FAIR」のDMはこちら


《過去のイベント情報》
2019年   2018年~

このページの先頭へ